もつろぐ

アニメ・映画・ゲームを始めとした、身の回りのレビューをします。

パッパラパッパパラ♪パズドラ♪で済まされねえ

ソシャゲブームを牽引した王者パズドラ。オワコン扱いされてオワドラオワドラと呼ばれながらも5年間セールスランキング上位に君臨し続ける様は素直に称賛に値するでしょう。

僕自身もパズドラを3年近くやっており、それなりに課金もしていますが最近の空気はやや怪しいのでは…?と思ったので書き綴ってみようかなと。

 

 ネットでのオワドラ煽りに対して、昨年末、まさかの公式がネタにしたのもまだよく覚えています。同じようなイベントしかやらないことに対して、新しい方向性のイベントを実施したりして、終わりではなく始まり、ハジドラだ!!と大々的に謡っておりました。

f:id:motsulog:20170423013111j:plain

 

それだけ銘打ってたのもあって、まあ何かと注目度の高い内容も多かったのですが、イベントの新しい方向性というのも謎なまま、同じようなイベントが続いております。

 

また、プロデューサーである山本大介氏の過去の発言である、

売上を伸ばしたければ、ゴッドフェスの確率絞ればいいし。
新しい究極進化も追加しないで、メチャメチャ強い新キャラを出せばいいだけの話なんですけど。
ただ、それだけは絶対にやらないと最初から決めているので。

という言葉も今となってはネット民の煽り言葉となってしまいました。

今のパズドラはゴッドフェスの確率自体は変化ないと思いますが、過去キャラの進化は適当でメチャメチャ強い新キャラばかりなように見受けられます。しかもその強い新キャラはコラボキャラだという闇。

 

まあ今回このような記事を書こうと思ったのはこういった怪しい空気感もさることながら、ガチャ1回の価値が変わろうとしてるのでは?といった流れを感じたからです。

遡れば発端はフェス限確定ガチャ。月2回開催されるゴッドフェスでのみ排出される特別なキャラクター達が確定で当たるというガチャです。運営であるガンホーから言えば”すべて当たり”なガチャです。その代わり、通常1回5個の魔法石でガチャを回せるところ、10個という設定でした。

フェス限にはレア度として星5と星6の2種類のレア度があり、当然星6のキャラの方が強く、逆に星5のキャラはそこまで特別感が無い場合が多いので、ユーザーからしたら外れキャラとなることがあります。また、この1回10個のガチャを回したところで大抵はこの星5のキャラが排出され、結局普通のゴッドフェスを回すのと同じくらい星6のキャラを手に入れることは難しかった印象です。

 

続いて、フェス限ヒロインガチャというモノが期間限定で実装されました。これはフェス限級のキャラが出てくる代わりに同じく1回10個という設定でした。位置づけ的にはコラボガチャのようなもので、期間限定です。

これにも同じくレア度として星5と星6、そして星7がありました。このガチャで有名なのは、最高レア度の星7キャラの絵師が、自身の描いたキャラに15万円ほど注ぎ込むもあたらなかった話ですね…。石10個だからといって特別当たりやすいこともなく、かなりキツイガチャとなっていました。

 

そして今回、モンハンコラボです。

f:id:motsulog:20170423015244j:plain

フェス限ヒロインもコラボ枠ではありましたが、ちゃんとしたコラボで1回10個は今回が初です。

流れから察するに、強いキャラしか出ないから10個必要だよ!ということでしょう。イラストはかなり気合が感じられる良いものばかりなのですが、これが本当に怖い。

フェス限、またはフェス限相当という当たりモンスターが出るから石10個!という姿勢はまだ分かるのですが、結局、フェス限ガチャもフェス限ヒロインガチャも当たり外れがハッキリしてしまっていました。なのでモンハンコラボでもそうなると予想されます。

つまり、ガチャ1回で石10個だろうと5個だろうと、変わんねえんですわ。

運営側からしたらゴミキャラ分のイラスト発注しなくて済む分コストは減って、ユーザー側からしたらガチャを引く負担が増える。そういった結果しか無いわけです。

魔法石5個というと約500円です。ガチャ1回500円って考えると、今までの自分を思い出し胃が痛くなりますけど、それが1000円って…。1000円のガチャって…。

 

運営にとっては旨味しか無いので今後もどんどんこういったガチャは増えていくんでしょう。ただ、その旨味は短期的なモノです。廃課金層も初めは着いていくでしょうが、ずっとは続かないと思います。下からどんどん辞めていく流れは明白でしょう。

あんまりユーザーをなめないで欲しいものです…。